八戸看護専門学校

県内外の医療の最前線で卒業生たちが活躍しています。

加藤優果

八戸赤十字病院 6A

「看護師さんなんて大嫌い」。病院嫌いだった私が幼少期に叫んだ言葉です。そんな私が今、看護師をしているのを、周囲の人たちは驚いています。

 看護師を目指したきっかけは高校の先生が勧めたから。進路に迷っていた私は、就職に困らないことや周囲の勧めもあって、看護師を目指し八戸看護専門学校に入学しました。同期達は看護師になりたいという想いが強く、私は入学当初からみんなについていくのに必死でした。実習も辛く大変で、看護師を諦めようと考えたこともありました。

 しかし、こんな私が実習も国家試験も合格して看護師になれたのは、切磋琢磨し合った仲間がいたこと、そしてどんな時でも手厚くサポートして下さった先生方のおかげです。

 今は看護師の仕事が楽しくてたまりません。きっと八戸看護専門学校で培ったたくさんの経験が自信につながって、楽しく仕事ができているのだと思います。

前野美沙都

八戸西病院 6階

私は包括ケア病棟と一般病棟の混合病棟に勤務しています。退院が困難な方々の退院調整・支援を主に行っています。病態や予後も含め、患者様とご家族の退院後の生活を考えて、必要なサービスや資源、介護指導等の介入をしながら退院に携われる事に、とてもやりがいを感じています。

 八戸看護専門学校では、学内学習と臨地実習を共にこなすことは大変でしたが、仲間たちとたくさん助け合い、先生方は個人の弱点を把握し理解できるまで向き合って下さったからこそ、今の自分があると思います。  

 系列の病院に就職したこともあり、ともに頑張った仲間と一緒に働いています。今でもお互いに助け合い、とても心強く楽しく仕事ができています。これからも患者様の命と向き合い、看護師として成長できるよう頑張っていきたいです。