八戸看護専門学校

基礎分野

一般教養や国際化・情報化に対応する能力を高めます。心理学や社会・生活論、情報処理、経済学などを履修し、広い視野で人や社会を見つめられる基礎力を磨きます。

科学的思考の基盤

  • 日本語表現
  • 法問題解決技法
  • 情報処理
  • 人間工学

人間と生活・社会の理解

  • 人間関係論
  • 心理学
  • 日本文化
  • 社会・生活論
  • 法と人権
  • スポーツと健康
  • 経済学
  • 外国語I
  • 外国語II

専門基礎分野

人体の構造や働き、疾病と治療、看護と社会のつながりについて理解を深めます。病気や健康に関する知識を身に付け、それらに関連した社会支援なども幅広く学びます。

人体の構造と機能

  • 解剖生理学
  • 代謝栄養学

疾病の成り立ちと回復の促進

  • 病理学総論
  • 臨床微生物学
  • 病態論
  • 臨床薬理学
  • 治療法概説
  • リハビリテーション概説

健康支援と社会保障制度

  • 現代医療論
  • 関係法規
  • 公衆衛生学
  • 社会福祉学

専門分野Ⅰ

看護の概念や役割を理解し、基礎となる看護技術などについて学びます。豊富な演習を通して、看護の方法論や基礎技術を習得。2年次前期には臨地実習を行います。

基礎看護学

  • 基礎看護学概論
  • 共通基本技術
  • 生活支援技術
  • 回復促進支援技術
  • 看護倫理
  • 看護研究
  • 基礎看護学実習

専門分野Ⅱ

成人・老年・小児・母性・精神の5つの看護学を学び、実践で役立つ基礎力を育てます。理論を学ぶ一方で、医療や保健施設などでの臨地実習に力を入れ、実践力を高めます。

成人看護学

  • 成人看護学概論
  • ヘルスプロモーション
  • 急性期の看護
  • 周手術期の看護
  • 慢性期の看護
  • リハビリテーション期の看護
  • 緩和ケア・終末期の看護

老年看護学

  • 老年看護学概論
  • 高齢者の生活支援技術
  • 高齢者の健康課題・障害
  • 高齢者の疾患と看護の実践

小児看護学

  • 小児看護学概論
  • 小児の生活支援技術
  • 小児の健康課題・障害と治療
  • 小児看護の実践

母性看護学

  • 母性看護学概論
  • 女性の健康課題・障害と治療
  • 周産期看護の実践

精神看護学

  • 精神看護学概論
  • 心の健康と危機
  • 心の健康課題・障害と治療
  • 精神看護の実践

成人看護学実習

  • 急性期にある患者の看護
  • 慢性期にある患者の看護
  • 終末期にある患者の看護

老年看護学実習

  • 回復期・リハビリ期にある患者の看護
  • 老年期にある患者の看護

小児看護学実習

  • 小児看護学実習

母性看護学実習

  • 母性看護学実習

精神看護学実習

  • 精神看護学実習

統合分野

「在宅看護論」と「看護の統合の実践」の2つで構成。「在宅看護」では応用技術を学び、「統合と実践」では医療安全や災害看護などを履修。3年次の最後には統合実習を行います。

在宅看護論

  • 在宅看護論
  • ケア・コーディネート
  • 在宅療養者の生活支援技術
  • 在宅療養者の健康状態に応じた看護

看護の統合と実践

  • 看護管理と医療安全
  • 災害看護
  • 国際看護
  • 総合技術演習(実技)

臨地実習

  • 在宅看護論実習
  • 統合実習

全カリキュラム合計 103単位[ 3,075時間 ]